ロックミシンを選ぶとき。

f0163038_15212247.jpg


初めてロックミシンを買うとき、何を基準に選ぶのか。
端かがりだけなら3本糸で充分だし、ニットも縫うなら4本糸。
ここまではすんなり決まっても 数あるロックミシンの中からひとつ選ぶ
というのは なかなか大変なことです。
わたしの場合、予算がなかったので消去法により即決でしたが(笑)

ロックミシンの購入にあたって、わたしの条件は以下。

①5万円以内で買えること。
②メスロックが出来ること。
③差動送り機能付きであること。
④巻きロック出来ること。

これだけでした。ちなみに予算の関係であきらめた機能は

①自動糸通し(エアスルーで一発ラクラク)
②飾り縫い(これは必要ないと思った)
③アタッチメントが揃っていること

自動糸通しはあれば便利だけど、なくても大丈夫でした!
糸交換も慣れてしまえば簡単なのですが、初めはかなり苦戦しました。
(糸の交換についてはまた後日。。)
何事も経験!!と、ロックミシンが到着した日の夜、セットしてあった糸を
すべて切って一から糸かけにチャレンジしたのですが かなり後悔する羽目に・・
自動糸通し機能付きのものが人気なのも納得です。

アタッチメントはギャザー押さえだけ買ったのだけど、未だ使いこなせず。
結局今まで通りに荒目のミシンを2本かけて、地道にギャザー寄せしています。


JUKI MO-114D、今のところ不自由なくニットソーイングも楽しんでますが
ひとつだけ気になることが・・・

f0163038_183648.jpg



パターンには1cmの縫い代がついているので、生地端から1cmのところが
出来上がり線になるわけですが、↑写真のように114Dは左針から1cmの
ところがなんとも微妙な場所に・・・
なぜここを真っすぐにしてくれなかったのかしら??
左針よりジャスト1cmである部分がかなり少ないため、ここに合わせることに
命がけです!! もうここしか見てないかも(笑)
こういうこともやっぱり使ってみないと分からないことですね。
(パターンの縫い代を切ればいいじゃん!!と言う声は聞かないことにして・・・)

クライムキさんのムキロックはちょうど台の端がジャスト1cmだそうです。
他にもジャスト1cmのものはあるのでしょうが、他のロックミシンを使ったことが
ないのでご案内出来ず、、でございます。





by ichicomam | 2008-09-29 01:35 | ロックミシン