ニューフェイス!

f0163038_11171664.jpg



ご紹介遅れました。我が家のニューフェイス、hikariです。
小枝ちゃんのように細かった新生児期はあっという間にすぎて
3か月になりました。
みんなに「まるいね!」「かわいいね!」とちやほやされて
すくすく育ってます。


hikariが産まれたのは予定日の5月29日、午後11時過ぎでした。
前日の28日夕方から前駆陣痛が始まっていたので、29日の朝は子供たちの
学校と幼稚園にお休みの連絡を入れていたのですが、なかなか進まず
普通にご飯を食べたり、みんなでお昼寝をしたり、一日のんびりと過ごしました。

夕方から痛みが強くなってきたので、6時頃助産院へ。
今回は妊婦健診後期の検査でGBS陽性だったためお産の前に点滴の必要が
あったので、余裕を持って到着。
子供たちとドラえもん&クレヨンしんちゃんを見たり、おにぎりやサンドイッチを
食べたりして、点滴を終えて、痛みがもう少し強くなったのが9時頃。

taro&taiは力尽きて寝てしまい、騒がしかった空気も落ち着いた中
痛みが増してきたのですが、それまでふざけていたkikiはのどが渇けば
お茶をとってくれて、陣痛の波が来れば腰をさすってくれて。
「おかあさんがんばれ!」と声をかけてくれたり。
夫は立会い出産4回目。さすがに慣れっこで、腰をさすってくれる
位置、強さともに絶妙でした!
(kiki出産のときは「そこじゃなーい!」とか思ってたわたし(笑))
畳の部屋でうろうろしながら痛みを逃していたのですが、いよいよ立って
いられなくなり本当に痛みがきつくなって時計を見たときから
なんと10分で産まれました!

今回初めて、赤ちゃんとつながったままのへその緒を握らせてもらったのですが
トクントクンと拍動を感じました。その拍動も、お産後はゆっくりと止まるようです。
kikiと私でへその緒を切って、仕事を終えた胎盤を見せてもらうと、kikiは
胎盤を写真におさめていました。(母さんびっくり!)
そのままkikiだけ助産院に泊まり、男子3人は帰宅。
その夜は産後ハイ?なのか、なかなか眠れない母さんでした。

kikiの将来の夢は、パティシエかピアニストか助産師さんだといっています。
3回のお産に立ち会って、何かを感じているのでしょうか。
「なんで?」「どうして?」と聞きたくなる気持ちを抑えて、kikiの感じた何かを
大事にしたい。将来、全然別の仕事に就いたってかまわないのです。

by ichicomam | 2015-09-11 12:18 | 子育て